いわぶち歯科です。
本日は歯周病になりやすい生活習慣についてお話しします。

 

歯周病を防止・改善するためには「口腔そのもの」以外の部分についても気を付ける必要があります。

 

『煙草』
煙草は歯周病をエスカレートさせる重大な危険因子です。
「血管を狭くして、歯肉の血流を悪くする」というリスクがニコチンにはあります。

また、煙草は一酸化炭素も含有していて、歯周組織の酸素不足の原因になり得ます。その影響で歯周組織に十分な栄養が供給されなくなり、抵抗力が下がり、歯周病がエスカレートする可能性があります。

 

『ストレス』
メンタル面のストレスの影響で身体の抵抗力が下がる可能性があります。
また、食生活、喫煙、ブラッシング等、生活習慣が変わると歯周病がエスカレートしやすくなります。

 

『食生活』
柔らかいものや甘いものをたくさん食べていると、歯垢が殖えやすくなります。

また、栄養バランスが悪かったり、食事が不規則だったりすることでも、歯周組織の抵抗能力がダウンして、全身に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

※当院では患者様に安心して治療をお受けいただくために、感染対策を徹底しております。

 

後楽園駅・飯田橋駅から徒歩5分の歯医者
『いわぶち歯科』
住所:東京都文京区後楽2丁目19−14 グローリアス3 1F
TEL:03-3813-3918

医療法人社団ビーズメディカルいわぶち歯科