むし歯治療

こんな症状ありませんか?

  • 冷たいものが歯にしみる
  • 疲れると歯が痛くなる
  • 詰め物が取れた
  • 詰め物が取れた
  • 歯が欠けた
  • 食べ物が詰まりやすい など

一つでも当てはまる方は、
ぜひ一度歯科医院へお越しください!

歯の痛みや違和感を感じたときには、すでにむし歯の症状が進行していることが考えられます。
むし歯治療は早期発見・早期治療が一番のポイントです。

歯は再生することができないため、その都度しっかり治療を行っていないと、気づいたときには天然歯の維持ができなくなる可能性が多くなります。
自分の歯を健康な状態で残すためには、早い段階での治療が必要となります。

痛みを抑えたむし歯治療

痛みを抑えたむし歯治療

表面麻酔

事前に歯茎の表面に麻酔薬を塗布することで、注射をするときの痛みを緩和します。

極細の針

極細の針を、歯茎の可動粘膜(痛みを感じにくいポイント)に刺すことで、痛みを抑えることができます。

ドックスベストセメント

ドックスベストセメントは、歯をほとんど削らず薬剤によってむし歯を抑制し、感染した部分を治療する方法です。
お子さんからご高齢の方までどなたでも安心して使えるお薬です。削らず薬剤を塗布することで、菌を寄せ付けず、菌の繁殖を抑えることができます。

超極細ドリル(MI)

超極細ドリルを使用することで、必要最低限の部分のみ削ることができます。

静脈内鎮静法

当院では、患者さんに痛みを感じさせないよう、希望があれば静脈内鎮静法を使ったリラックス治療でむし歯治療を行うことができます。

静脈内鎮静法とは

静脈内鎮静法とは、静脈内に鎮痛剤を点滴で投与する方法で、過度な緊張が取り除かれ眠りに落ちたようなうつらうつらした感覚になります。
安定した鎮静状態の間に治療を行うので、治療時の記憶もほとんど残らず治療を終了することができます。また、麻酔科医が担当しますのでご安心ください。

むし歯の進行

C1

歯のエナメル質が溶け始めている状態
むし歯の進行 C1

まだ軽い状態なので、プラークの除去や歯の表面を修復する薬剤を使用し、なるべく触れずに、フッ素塗布のご提案や歯磨き指導で対応します。
フッ素にはミュータンス菌を抑え、エナメル質を固くする効果があるため、継続して塗布することで効果を持続させることが可能です。

C2

表面のエナメル質よりも、深く柔らかい部分(象牙質)にむし歯が進行している状態
むし歯の進行 C2

C1に比べてむし歯が進行しています。むし歯の部分治療が必要となります。

C3

歯の内部にある神経まで達している深いむし歯
むし歯の進行 C3

歯の神経の治療を行います。根の中を殺菌、消毒した後に被せ物をする必要があります。

C4

歯の根元までむし歯が到達し、大部分が崩壊している状態
むし歯の進行 C4

C3同様の治療をしても歯を残せる場合と、抜歯をしなければならない場合があります。 歯の根の状態にもよりますが、根の治療(根管治療)を行い、「極力神経を取らず、歯を削らず、歯を抜かない方向」で治療を行います。 抜歯をした場合は、その部分に歯を入れるために、インプラントや部分入れ歯、ブリッジなどの治療が必要になります。

お口に関する症状・お悩みはお気軽にお問い合わせください

  • 03-3813-3918 診療時間 8:30~13:00/14:30~19:00   土曜午後・日祝休診
  • 何でもお気軽にご相談ください メールお問い合わせ
  • WEB予約はこちら 再診の方のみご利用いただけます

初診の場合はお電話にてご予約ください。再診の場合はWEB予約が利用できます。
急患も受け付けますが、お時間をいただくことがあります。

page top