いわぶち歯科です。

本日はむし歯になりやすい場所についてお話しします。

 

皆さんはむし歯になりやすい場所についてご存知でしょうか?

 

3つありますので、それぞれご説明していきますね!

 

 

『1つ目:歯と歯の間』

歯と歯の間は歯ブラシだけでは十分に歯垢(プラーク)のお掃除ができないポイントの1つです。

 

歯間ブラシやデンタルフロスといった補助清掃用具を使用すると

効率よくお掃除ができますので、ぜひ使ってみてください。

 

 

『2つ目:歯と歯肉の間(歯の根元)』

こちらも磨き残しが多くプラークが溜まってしまいやすい場所の1つです。

 

歯ブラシが当たるように意識して丁寧に磨くようにしましょう。

 

 

『3つ目:奥歯の噛み合わせ面』

奥歯の噛み合わせ部分は溝が複雑になっているため、プラークが溜まりやすい場所となります。

 

また、歯ブラシが届きにくい場所でもあるため、むし歯リスクが高まりますので丁寧に磨くようにしましょう。

 

 

《まとめ》

歯ブラシだけでは6割程度しか歯垢(プラーク)のお掃除ができていないと言われています。

 

歯間ブラシ、デンタルフロスといった補助用具を使うことでプラークの除去率を8割程度まで高めることができます!

 

正しいブラッシングの方法やオススメの歯磨きグッズを知りたい方は、お気軽にスタッフまでご相談ください。

 

 

少しでも参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

※安心して歯科治療を受けていただけますよう当院では感染対策を徹底し治療をおこなっております。

 

 

後楽園駅・飯田橋駅から徒歩5分の歯医者

『いわぶち歯科』

住所:東京都文京区後楽2丁目19−14 グローリアス3 1F

TEL:03-3813-3918

医療法人社団ビーズメディカルいわぶち歯科