野球の投手が腕をぶらぶら揺することがあります。
肩から腕にかけての緊張をほぐすために行っているのですが、筋肉をリズミカル
に揺するとマッサージ効果が表れて、緊張がほぐれます。

同じ手足を揺するにしても、テンポを速めて細かく振動させると、冷え性対策に
役立ちます。手足を速く振動させると、筋肉の緊張が高まり、熱エネルギーが
多く出されます。つまり、筋肉が温まるのです。

部屋で足が冷えたと感じるときは、かかとを上下に細かく動かします。
この動きはいわゆる「貧乏ゆすり」ですね。
あまり良いイメージではない「貧乏ゆすり」ですが、冷え性には効果的だそうです。
いくら暖冬とはいっても季節は冬です。
冷え性の方は試してみてはいかがでしょうか?

年末年始の疲れが今頃でてきそうですね?
風邪もなんだか流行ってきているようです(汗)
体調管理には気を付けていきましょう!

医療法人社団ビーズメディカルいわぶち歯科