インプラントとは

 

いわぶち歯科です。

本日はインプラントとはについてお話しします。

 

インプラントとは、人の身体に埋め込む医療器材の総称をさします。

心臓のペースメーカーや人工関節、美容目的で入れるシリコンなどもインプラントの一種です。

 

歯科治療で使用されるインプラントは、「デジタルインプラント」などと呼ばれますが、

歯を失ったアゴの骨(顎骨)に人工の歯根(インプラント)を埋め込み、歯を補う治療方法です。

 

インプラントは基本的には、

 

・歯根部(インプラント体)

→顎骨の中に埋め込まれる部分

 

・支台部(アバットメント)

→インプラント体の上に取り付けられる部分

 

・人工歯(上部構造)

→歯に相当する部分

 

の3つのパーツから成り立っています。

 

歯を失ったときの治療方法と言えば、従来は「入れ歯」「ブリッジ」が一般的でしたが、

近年ではインプラント治療をご希望される患者さまも増えております。

 

手術が必要だったり、顎骨の骨質の影響を受けますが、

入れ歯やブリッジ比較すると、残っている周りの歯への負担がなく、

天然歯に近い機能性や審美性を得ることができるというメリットがあることも要因と考えられます。

 

インプラントや手術の方法にも様々なものがあるため、またの機会に詳しくご説明しますね。

 

本日は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

後楽園駅・飯田橋駅から徒歩5分の歯医者

『いわぶち歯科』

TEL:03-3813-3918

医療法人社団ビーズメディカルいわぶち歯科