市販のおしゃぶりを常用している乳幼児に歯の噛み合わせがおかしくなる
咬合異常が多数発生していることが最近の臨床データでわかりました。

発生する咬合異常には、上下の前歯の隙間が開いて食べ物が噛めなくなる
「開咬」や、その結果引き起こされる下あごが横にずれた「交叉咬合」などが
あります。
一概に、おしゃぶりだけが原因とは言えませんが、長期に及んでおしゃぶりを
使用している場合にはかなりの確率で咬合異常がみられています。

おしゃぶりに関して今わかっていることは・・・
・おしゃぶりは2歳までにはやめる
・清潔に使用する
・どうしても使う場合には1日1時間程度でやめる

何か、思い当たる事がありましたらご相談ください。

医療法人社団ビーズメディカルいわぶち歯科