化石燃料に代わるエネルギーとして、「波」が注目されている。
波力発電装置を開発する米国のオーシャン・パワー・テクノロジーズは現在、
米海軍の支援を受け、巨大な波で知られるハワイ諸島沿岸で、試験的な発電
を実施、実用化を目指しているとのこと。

仕組みは、高さ16メートル、直径14メートルの大きなブイを海に設置し、波に
よってブイが上下する点を利用する。発電した電気は、海底ケーブルを通じて
送電する。ひとつのブイで住宅20─25軒が利用できる40キロワットが発電
できるという。 太陽とは違い、波は一日中あるため、途切れることなく継続的に
発電できるメリットがある。

有効的なエネルギー獲得ですね。
エネルギーは人々が生活していく中で欠かすことが出来ないものです。
エネルギー獲得の今後に注目です!

今週末は天気が・・・
久し振りに家でのんびり休息予定です(笑)
今週も皆様お疲れ様でした。

医療法人社団ビーズメディカルいわぶち歯科