<歯の完全再生、マウスで成功=食物かめる硬さ-「臓器置換」>

今朝こんな記事がありました。

食物をかめる硬さで、痛みなどの感覚もあるほぼ完全な歯をマウスで再生させる
ことに、東京理科大と東北大、東京医科歯科大の研究チームが3日までに世界で
初めて成功した。
将来、「人工多能性幹(iPS)細胞」などの幹細胞を歯のもとに変え、失った歯の跡
に移植して再生させられれば、入れ歯不要の生活が実現すると期待される。
この成果は、東京理科大の辻孝教授らが20072月に発表した「器官原基法」の
応用。細胞を試験管内で培養し、立体的で機能する臓器の形成を目指す技術で、
臓器置換再生医療の実現に一歩前進した。

素晴らしいです。

ご自身の歯を一生維持して頂きたい。
このことを可能にさせる素晴らしい一歩です。

今後実現に向けて色々と難題があるとは思いますが、是非良い方向に向かって
頂きたいと願います。

それまで、これ以上歯を失うことのないよう日々努めていきたいと思います。

医療法人社団ビーズメディカルいわぶち歯科