生活が豊かになって「とろける」「ふんわり」など“やわらかい=おいしいという
傾向が強まった日本人の嗜好。
同時に、子供たちの噛(か)む力も弱まってしまったといわれる。
よく噛むことは、食事の基本であるだけでなく、脳の活性化や生活習慣病
予防にもつながることから、噛む力を見直そうという動きが出てきている。

こんな記事が目に入りました。
最近非常に口腔内のケアに関する事柄が増え、皆様の口腔内に関する
関心が多くなり非常にありがたく思ってます。この噛む力を見直す動きの
影響か?噛む力に着目した板ガムや通常の2倍以上の超極太そばで
噛んで味わうそばが発売されたりと、良い影響が現れている。
良い事です!!
噛む力の重要性を僕なりにも普段の診療の中で伝えていきたいと思います。

先日、長野のささき歯科のスタッフの皆さんが当院に院内研修にいらっしゃい
ました。お互いのスタッフが意見を交換し合ったり、伝えたいことをしっかりと伝
えていくことは、お互いのスタッフにとって非常に有意義なことでありました。
大変勉強になりました。
ささき歯科のスタッフの皆さん、27日のグランドオープンまであとわずかですが、
素晴らしいオープンが迎えられるよう頑張ってください。
応援してます!!

医療法人社団ビーズメディカルいわぶち歯科