歯科ドリルが過去のものになる?
そんな記事を目にした。

なんでも虫歯の早期発見技術を英国の研究者たちが開発しているとのこと。

この技術では、治療に取り掛かる前に「ラマンスペクトル」という、今の化学
物質検出に使われているメソッドを基に、虫歯のありかを特定します。
この治療法ならレントゲン当てるよりもっと早期に患部を検出できるのそうで、
ドリルで掘り返すほど虫歯が進行する前に芽を摘み取れるというわけだそう
です。

ただし、当然この手法の恩恵を受けるには、定期的に歯医者さんへ通院して
検診を受けなきゃならないとのこと。

やはり、検診です!

昔、小児歯科の授業で歯医者のイメージで嫌だと思われることを自由に書き
なさい。なんてことがありまして、僕はとにかくキーン・キーンという音が嫌だとい
う内容を書きました。それから10年以上経ちました・・・
今もまだ歯を削るキーン・キーンという音を聞かない日はありません(汗)

なかなか難しいことではありますが、このような新しい機械の開発によって未然
に虫歯が防げたら。。。
いつか歯を削らないで済む時代が来ることを期待します!!

今日は自分の体にお疲れ様ということで、大好きなハンバーガを与えようと思い
ます。
http://www.kua-aina.com/

今週もお疲れ様でした(笑)

医療法人社団ビーズメディカルいわぶち歯科