最近ある調査で、握力と健康は深い関係があることがわかりました。

「握力5キロ増で、死亡率は男女とも約1割減少」
握力が強い中高年ほど病気による死亡率が低いとのこと。
握力というのは、全筋力の代表的な指標で、適度な運動で筋力を維持
する事は健康にも良いと、今回のこの調査で改めて実証されたようです。

握力・・・学生の時に測ったのが最後かな!?
ちなみに男性のピーク時(30~34歳)で平均50㎏、女性のピーク時(40
~44歳)で平均30㎏だそうです。

自分の健康状態を知るために握力調べてみてはどうでしょうか?

医療法人社団ビーズメディカルいわぶち歯科