2008年8月に北京でオリンピックの開会式が行われる。
野外での開会式、天気による影響は大きい。

そこで、お天気をどうにかしようと言う研究がされているそうです。
ではどうするのか?
雨を防ぐというよりは先に降らせてしまうというのが基本的な方法。雨雲に
ヨウ化銀が充填されたロケットや砲弾を発射し、雲中の水粒子に結合し、
雨という形で地面に落下させるのです。

まだまだ100%ではないそうですが、オリンピックの為に強力なロケットを
導入するようです!

2008年8月 北京オリンピック開会 
楽しみですね~(ちょっと早すぎですね。。。)

医療法人社団ビーズメディカルいわぶち歯科