「予防」
実は約30年前まで歯科医療の世界には「予防」と言う考え方は
ありませんでした。
それが一変したのは70年代のスウェーデンから。
大規模な予防プログラムの導入により、国民の歯の健康状態は
向上し日本では80歳で残っている自分の歯は約8本、スウェーデン
では15~20本!

そんなスウェーデンではさぞ歯磨きは熱心では?
しかし、一日の歯磨きの回数の平均は日本の方が多いそうです。
では何故?
なんでも、統計によると回数は行っているがまちがった方法で行って
いる方が多いようです(汗)
やはりセルフケアだけでなく、歯科医院での定期的なお口のチェックは
大切です。

日本は歯科医院に対して「歯が痛くなってからいくところ」「治療が
終われば通院終わり」という考えが今も多いのが現状だと思います・・・
スウェーデンは「治療が終わった時から、歯科医院との本当のお付き
合いが始まる」という意識のようです。

そのように思っていただける歯科医院を目指しております!

医療法人社団ビーズメディカルいわぶち歯科