この割合は何だと思いますか?

なんと、歯周病に罹っている若い世代の割合です!

普通、歯周病に罹るのは大人、しかも50歳を超えた世代の
病気だと思いがちです・・・
実は、20代・30代の若い世代で歯周病に冒されている人が、
こんなにも多いことが統計的(厚労省・歯科疾患実態調査)に
わかりました。

初期の歯周病はSilent Disease(沈黙の病)といわれます。
痛みを伴わず、進行に気が付かないことが多いです。
つまり、痛みを感じて気が付いたり、歯がグラグラしたりして
異常に気づいたときには、取り返しのつかないところまで歯周病
が進行してしまっていることが多いのです。

でも、初期の歯周病にも必ず症状はあります!!

歯ぐきの色の変化・歯ぐきが腫れる・朝起きて口中がネバつく・・・
思い当たる症状はありますか?
予防には、まずブラッシングや鏡の前でのセルフチェックです。
そして、定期的な歯科検診をお勧めします。

医療法人社団ビーズメディカルいわぶち歯科