いわぶち歯科です。

 

生まれたばかりの赤ちゃんのお口のなかには歯周病菌はいません。
歯周病は細菌感染によるもので、家族の唾液を介して歯周病菌が赤ちゃんにうつることが原因の大半です。

赤ちゃんに歯周病菌をうつさないために、注意して欲しいことをご紹介します。

 

《食べ物を噛み与えしない》
ご家族が噛んだり口に含んだ食べ物を赤ちゃんに与えるときに、歯周病菌の感染リスクがあります。できるだけ口移しは避けましょう。

 

《食器を共用しない》
赤ちゃんへの歯周病菌の感染を防ぐには、食器を共用しないことも大切です。

お母さんが使用後の箸やスプーンで赤ちゃんに食べさせたりするのはできるだけ避けましょう。

 

《ご家族の口腔内環境をキレイにしておく》
お母さんをはじめとするご家族のお口の中に歯周病菌が少なければ、赤ちゃんにうつる可能性も低くなります。
赤ちゃんへの歯周病感染を防ぐためにも、口腔内環境を綺麗にしておく事が大切です。

お子様のプラークコントロールや、ご家族の生活習慣を見直しなど、歯周病の危険因子を取り除き歯周病を防いでいきましょう。

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

後楽園駅・飯田橋駅から徒歩5分の歯医者
『いわぶち歯科』
住所:東京都文京区後楽2丁目19−14 グローリアス3 1F
TEL:03-3813-3918

医療法人社団ビーズメディカルいわぶち歯科