1の虫歯、14本だけ=未処置割合も過去最低-学校保健統計

こんな記事がありました。

中学1年の虫歯の平均本数が140本まで減ったことが、文部科学省の2009
年度の学校保健統計調査速報で17日分かった。虫歯になったまま治療を終え
ていない未処置の子供の割合も、幼小中高の各段階で過去最低だった。
調査では、幼稚園(5歳児のみ)と小中高校の7755校が46月に行った計334
万人の健康診断結果をまとめた。同省調査企画課は「家庭、学校の地道な歯磨
き指導が効果を上げた」とみている。
本数は抜いた歯、処置済みの歯を含めた永久歯の虫歯を、中1のみ集計。
調査対象になった1984年度の475本から減少し続け、当初の3割を切った。
とのこと。

素晴らしいことです!
本当に地道な歯磨き指導の賜物でしょう。
もっともっと皆が良くなること願います。

医療法人社団ビーズメディカルいわぶち歯科