「予後」や「病理」といった医師が使う専門用語について、ある研究所が全国の
医師を対象に調査した結果、患者様に意味が伝わらなかった言葉が、736語
に上ることがわかったそうです。

具体的に伝わりにくい言葉として、「合併症」があります。
多くの医師は、「手術後に最大限努力しても起こってしまう可能性のある副作用の
一部」などと言い換えているとしたが、「いくら説明しても『医療ミス』のことだと間違わ
れる」とのこと。

その他「陰性」という言葉の場合は、『インフルエンザは陰性でした』と言うと、『やはり
インフルエンザでしたか』と言われたなどなど・・・

難しいです(汗)

ただ患者様には絶対に意味を伝えなければならない。
今日からさらに気をつけて治療内容等の説明を行おうと思います。
また今後、治療内容などで解りにくいことがございましたら、いつでも言ってください。
すぐに対応させていただきます。

今度の日曜は院内のちょっとした工事が早朝から・・・
最近何でもスタートは早朝から!!
これが一番です。
早起きは三文の得です(笑)

医療法人社団ビーズメディカルいわぶち歯科