いびきを治せばゴルフが上達!?

こんな記事がありました。
特徴的な「いびき」で知られる睡眠中に呼吸が停止する疾患、「睡眠時無呼吸
症候群」の治療を行えば、ゴルフが上達するという相関関係を、アメリカの病院
が見出したそうです。

ご存じの方も多いと思いますが、睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に一定以上
の時間、呼吸が止まることから、大きないびきをかくほか、昼間に強い眠気に襲
われたり、集中力が低下することが知られている。
睡眠時無呼吸症候群のゴルファーを対象に、調査を実施。
12人には睡眠中に呼吸が楽にできる装置を装着して眠ってもらい、別の12人
には治療をせずに、ゴルフの結果を調べた。
その結果、装置を装着したゴルファーらのハンディキャップが平均して、大きい
グループでは12.4から11.0へ、小さなグループでは9.2から6.3へと改善
したという。
ゴルフがなかなか上達しない人で、睡眠時無呼吸症候群の症状が見られる場合
は、治療することでゴルフがうまくなる可能性があるという。

興味深いです。
やはり集中力が影響しているのでしょうか?
睡眠時無呼吸症候群の影響は大きいですね・・・

医療法人社団ビーズメディカルいわぶち歯科