デスクワークで働く人に多い「ぎっくり腰」
突然やってきます。
腰にある椎間関節の捻挫によって発症する事が多いようです。

一日中運転やパソコンの前に座っていると筋肉は硬直して、仕事を終えて
急に立ち上がると、疲れていた筋肉が力を支えられずに断裂し、関節部が
損傷し「ぎっくり腰」になってしまうそうです(汗)

意外な事に、体を常に動かしたり、重いものを持ち上げたりする仕事に従事
している人は、「ぎっくり腰」になる割合が低く、腰を支える筋肉を鍛える事が
予防につながると言われています。

腰を鍛えるには、やはり腹筋と背筋ですね!
家でも出来ます(やらなくてはです・・・)

歯科の仕事も比較的同じ姿勢で一日中座っている事が多いです。
実際に僕の周りの同業者の方で数名の方が「ぎっくり腰」に。。。
気を付けましょう!!

医療法人社団ビーズメディカルいわぶち歯科