いわぶち歯科です。
本日は妊娠と歯周病の関係についてお話しします。

 

『妊娠性歯肉炎とは』
一般的に妊娠すると歯肉炎になりやすくなると言われています。

「妊娠性歯肉炎」という妊婦さん特有の病気があるほど、妊娠と歯周病は関わりが強いので注意する必要があります。

妊娠中はエストロゲンやプロゲステロンなどのホルモンの分泌が盛んになります。
これらのホルモンを好む歯周病菌の一部がお口の中で増殖し、歯肉炎になりやすくなるのです。

また、ホルモンバランスの変化だけでなく、つわりによる吐き気で一度に多くを食べられず食習慣が乱れたり、十分な歯磨きができないことから、歯肉炎や歯周病にかかりやすくなってしまいます。

 

『胎児への影響』
また、歯周病はお腹の赤ちゃんの健康にも悪影響が及ぶ可能性があります。

妊娠中に歯周病になってしまうと、「早産」や「低体重児出産」のリスクが高まるという研究結果も出ているのです。

胎児とご自身の健康のためにも、歯と歯ぐきの健康を守りましょう。

 

 

本日は以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございます。

※当院では安心して歯科治療を受けていただくために、感染対策を徹底しております。

 

後楽園駅・飯田橋駅から徒歩5分の歯医者
『いわぶち歯科』
住所:東京都文京区後楽2丁目19−14 グローリアス3 1F
TEL:03-3813-3918

医療法人社団ビーズメディカルいわぶち歯科