妊娠中の歯科治療について

妊娠中のお口の中について

妊婦の方は、つわりなどで一度にたくさん食べられず、小分けして食事の回数が増える事があります。
また体質の変化により、お口の中が酸性になりやすく歯ブラシを入れると気持ち悪くなり十分に歯が磨けないことなどから、虫歯になりやすくなります。
また、妊娠性歯周炎という病気があるほど、性ホルモンの不均衡と増加により妊娠性の歯肉炎や歯周炎を起こしやすくなるため、妊娠中は充分なお口の管理が必要になります。

最近の研究では、妊娠性歯周炎のひどい妊婦さんは早産や低体重児出産などのトラブルを引き起こしやすい傾向があることが報告されております。
しかし、これらのことはお口の中を清潔に清掃することにより予防できるものです。
妊娠をしたら歯医者に行って検診や歯磨きなどの指導を受け、妊娠中のお口の中の管理することは非常に重要なことです。

いわぶち歯科では、早めの検診をお勧めします。