CT撮影で、歯や顎骨の状態をくわしく診断します。

当院では、最新型の歯科用CTをさまざまな診療に活用しています!

  • 分かりやすい立体的(3D)画像で症状をご説明いたします。
  • 今まで見えなかった歯の中や骨の中まで立体的に見ることができます。
  • 撮影時間が短くてすみます。
  • 撮影した画像は、ディスプレイに表示され、拡大して見ることができます。

CTとは…

CTとは、「Computed Tomography」の略で、コンピュータ断層撮影装置のことです。
CTでは、通常のレントゲン装置とは異なり、X線で撮影した画像をもとにして、コンピュータで3次元の画像をつくり出しています。
通常のレントゲン撮影では分かりにくかったさまざまな部分を、CTで撮影した立体的画像ならより詳しく診断することができます。


CTスキャンの使用例

Q&A

どんな時にCT撮影が必要なのでしょうか?
通常のレントゲン撮影では見えにくい部位や、歯や骨の状態をよりくわしく把握したい場合など必要に応じて撮影します。
撮影時間はどれくらいかかりますか?
準備に数分、撮影自体は数十秒程度です。
X線の被曝量が心配なのですが?
診断に必要な部分のみピンポイントで撮影するため、被曝量は最低限に抑えられます。