妊娠中の歯科治療について

受診時期

一般的には妊娠のどの時期であっても通常の歯科治療は可能であるとされています。
しかし、妊娠初期は赤ちゃんの状態がの安定しておらず、妊娠後期はおなかが大きくなってユニットに座るのも大変ですし、早産の可能性もあります。

理想的な受診時期は、比較的安定している妊娠中期(5〜7ヵ月)が望ましいとされています。
妊娠初期や妊娠後期であっても、安定している状態であれば通常の治療が可能な場合もあります。
逆に妊娠中期であっても不安定な状態であれば、応急処置にとどめた方が安心です。

自分の状態に不安があるならば、産婦人科の先生に歯科治療を行っても差し支えないか確認することが望ましいといえます。